話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

RSS配信を通して知る、ネット社会の裏側

N112_yokohamanishiguchiyorunomachi500

この記事の所要時間約 4 分

N112_yokohamanishiguchiyorunomachi500

 夜になると賑わう都会の繁華街、昼間は水を打ったように静かだ。リアルな世界にも表と裏社会があるように、ネットの世界にも裏社会が確かに存在する。その事をNAVERまとめで知ったという話を記事にしようと思う。

RSS配信とは?

 このサイトにもRSSマークが有るように、大抵のサイトにはRSSと呼ばれるアドレスが存在し、そのアドレスをRSS配信ソフトやWeb上で表示させる事により、自分の読みたい記事が瞬時に読めるようになる。自分がIT好きで、特定のサイトを贔屓にしているならそのサイトのRSSアドレスを取得すれば、元サイトが記事を更新した時に自動で自分のソフトの中に一覧表示される。ついこの間までGoodleが公式にRSSリーダーを実装していたぐらいで、今なお根強い人気を誇っている。

 RSSのデメリットは融通がきかない点。そのサイトの更新情報しか手に入らず、複数のサイトを登録する場合にはいちいちそのサイトのRSSアドレスを登録する必要がある。たまには他の記事も見たいという場合は、自分で記事を探さなくてはいけない。

 そこで登場したのがGunosy(グノシー)だ。自分が普段使用しているTwitterやFacebookから自分の趣味嗜好を独自のアルゴリズムで検索し、ネットに存在しているありとあらゆるサイトから自分の興味のあるものを自動的に表示させてくれる、進化版RSS配信だ。私もグノシーを利用しているが、確かに興味をそそられる記事があり、自分で検索しただけでは巡り会えなかった数多くの記事をグノシーを通して得ることが出来た。

RSS配信を通して知るネットの裏側

 話を戻そう。RSS配信をWeb上で表示することができるサービスを提供しているものはたくさん存在し、その多くは自サイトのヘッダー、フッター、サイドバーに設置する。例えば、自分の運営しているサイトがエンタメネタならエンタメを主戦場とするサイトのRSSを取得し自サイトに流してやれば、サイトに訪れた人が自分のサイトに関連した他の記事を探しやすくなり、サイトに魅力が出る。まあ「賑やかし」みたいなものだが…。

 NAVERまとめにも個別のRSSアドレスが存在する。例えば「半沢直樹」というカテゴリのRSSアドレスを取得し、自分の半沢直樹ファンサイトでサイドバーに貼り付けたとしよう。日中更新する人は表社会の人であり、半沢直樹の様々な記事が更新されRSS配信される。しかし、NAVERまとめの更新がストップする(恐らくスタッフは24時間待機であるが…。)22時以降、RSS記事は一変する。「半沢直樹」のカテゴリにセフレ募集など、ネット社会の裏の顔が姿を見せるのだ。

 その記事のタイトルはいかにも「夜の顔です」という感じの下ネタ。中身は特定のサイトに引き込むためのリンクや画像だけ。いかにも怪しい業者がそこに存在する。もちろん、そのようなアカウントは公式により即消去され日中は綺麗サッパリなくなっている。

 ここで考えて欲しい、自分のサイトにもしNAVERまとめのRSS配信記事を貼り付けていたらどうだろうか…。そのサイトが業者に利用され、深夜の広告塔に早変わりする。そのようなスパム行為の取り締まりは厳しいものだが、業者からすればWeb上で取得されたありとあらゆるRSS配信付きサイトが自分たちの宣伝になり、その中で一人でも網にかかれば儲けものなのである。狙われるカテゴリは大抵がその時旬のキーワードばかりだ。

 もし、NAVERまとめなど巨大サイトのRSS配信を取得する場合は、自分が寝ている間に以上のようなことが起こっている事を踏まえた上で利用したほうが良い。まあ、気にしない人はそれでいいのだか…。

 (この記事がなんか心に引っかかったらシェアお願いします。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m