話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

NAVERまとめで注目まとめに掲載されるための鉄板ネタ3選

naverwalk

この記事の所要時間約 6 分

naverwalk

 NAVERまとめキュレーターになって1年近く経とうとしている。キュレーター歴からすれば中堅クラスだろうか。そんな私がNAVERまとめで注目まとめに掲載されるための鉄板ネタを3つ紹介しようと思う。しかしこの方法は、100%掲載されるというわけではなく、掲載率を上げるためのスキルであって正解ではない。昨日も書いたように、私は注目まとめを目指していない人間の一人であることを理解した上でこの記事を見て頂きたい。

注目まとめに掲載されるということ

 NAVERまとめはトップページに掲載されるとPV数が飛躍的に伸び、その後も見られ続けるので1記事で2,000円前後のインセンティブが得られる。なので利用する手はないわけだが、これが最初はなかなか難しい。私も恥ずかしながら初めて注目まとめに掲載されたのは40記事目だ。

 しかし、それから経験を重ね500記事以上(6つのアカウントの合計)作成している中で注目まとめ掲載率は50%近くになる。2記事に1記事のペースだ。NAVERまとめで注目まとめに掲載される前提として複数のアカウントを取得する事をお勧めしたい。同名のアカウントで1日複数の記事を注目まとめに掲載させるのは至難の業。複数のアカウントで分散したほうが良い。

1,海外ニュースをまとめる

 NAVERまとめの注目まとめ鉄板ネタとしての筆頭は「海外ニュースをまとめる」ということだ。理由は競合が少ないということ。私は「国際ニュース太郎」という海外ニュース専用のアカウントを持っている。記事作成スキルはこのアカウントの記事を参考にして欲しい。国際ニュース太郎の記事の中でカテゴリ分け(左上のアンダーラインの部分)されているほとんどが注目まとめに掲載されたものだ。

 このようにニュース系まとめでは競合の少ないカテゴリをあえて狙うことは大切だ。エンタメネタはかなり競合するので、よほどまとめに魅力がないと注目まとめに掲載されることはない(ただ、掲載された時のPv数はデカい)海外ニュースは注目まとめに掲載されてもPv数は比較的少ないが、注目まとめに掲載された喜びが作成し続けるモチベーションにもなり、注目まとめに掲載される記事とはどういうものか…スキルを磨く事にも繋がるのでお勧めしたい。

2,過去の注目まとめ掲載記事を否定する

 これは主にタイトルに関係するものだが、「やられたらやり返す」という事を覚えておくといい。具体例を挙げてみよう。私は以前「赤ちゃんの胸を「トントン」すると寝かしつけられるのはなぜ?」という記事を作成した。この記事は注目まとめに掲載され7,8万Pvを獲得できた。すると次の日にこういう記事が注目まとめに掲載された。タイトルは「トントンじゃない!赤ちゃんの寝かしつけワザ『背中ボスボス』とは!」

 興味深いのは私のまとめの2倍のPv数を稼いでいることだ。これこそ「やられたらやり返す、倍返し」だ。別にこの人が私にやられたわけではないが…。このように、注目まとめの中でもPv数の多い記事を探して閲覧し、その記事を否定したり、さらに深く掘り下げるまとめを作成することによりPv数を稼げるまとめを作成することができる。そして、この手のまとめの注目まとめ掲載率はかなり高い(経験上だが…。)

3,芸能人の行動とそれに準ずる記事を作成する

 これも具体例を上げると分かりやすい。「松本人志もムキムキ…冬太りを抑える正しい筋トレの方法とは?」という記事をみて欲しい。これはNMB渡辺美優紀がアップした松本人志と写っている画像の筋肉がかなりネット上で話題になったもので、記憶に新しい。

 ここで避けたいのはただ松本人志がムキムキという事実だけを記事にしても意味が無いということだ。よくあるまとめは単なる画像の羅列、Twitterの反応やそれに関するリンクを貼っただけ…。そういう記事はまず注目まとめに掲載されることはない。

 ポイントは松本人志がムキムキから連想する人の役に立つ(共感できる)記事を作成し、タイトルに芸能人を盛り込むことだ。これはかなりみんなが意識している注目まとめ掲載率の高い鉄板記事作成スキルになっている。そして、芸能人ネタは共感を呼ぶのでPv数は飛躍的に伸びる。単に「松本人志のムキムキが話題」「冬太りを抑える正しい筋トレの方法」というまとめを作成しただけでは注目まとめに掲載される率を落とし、Pv数も稼げなくなる。これに関しては多少強引でもかまわない。

今日のまとめ

 以上3つの事、競合の少ないニュースネタをまとめる、過去(前日)のまとめの中からPv数の高いまとめを否定したり付け加えたりする、芸能人が起こしたネットで話題の出来事と人の役に立つ記事を1つにする。これらを踏まえてNAVERまとめのトップページをみてもらいたい。これまでと見方が随分異なってみえるはずだ。

 これらの事は、私が経験上いいと思ったことでほんの一握りに過ぎない。NAVERまとめ作成スキルに関してはまだまだたくさんあるので機会があればまた披露していこうと思う。最後に過去4ヶ月間の6つのアカウントのインセンティブの合計が20万円以上あることを付け加えておく。

 (今日の記事が役に立ったら、Facebookページの「いいね」を押していただけるとかなり励みになるのでお願いします。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m