話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

iPhone6の最新情報(発売日など)をまとめてみた(コンセプト動画あり)

it

この記事の所要時間約 4 分

 it

 2013年のまとめとしてこれまで噂されている次期iPhone(iPhone6)の最新情報をまとめてみました。ディスプレイの詳細や発売日など結構いろいろな噂があり興味深いものとなりました。

大型化するスクリーン

 大型化するというキーワードでは一致するものの、まあとにかくいろいろな噂が飛び交っています。現行機種iPhone5Sは4インチですがiPhone6は一番小さいもので4.7インチ、以下4.9、5.5、7.5インチと様々でした。中には4.7 / 5.5の2つのサイズを用意していると掲載されている記事もありました。

 iPhoneのコンセプトとして「片手で持てる大きさ」という一貫した主張があるので、あまり大きくはならないでしょうが、現行よりも大型化するというのが有力のようです。大型化するという選択肢は難しいですね、通話を取るなら手のひらサイズがいいですが、今スマホは通話のためではないですからね。iPhone6がどんなスクリーンで来るか、インパクトを与えてきたApple製品だけに楽しみではあります。



フレキシブルディスプレイの採用

 高精細で自由に曲がるディスプレイ(フレキシブルディスプレイ)が採用されるとのこと。以前もフレキシブルディスプレイについて書きましたが、この薄っぺらなディスプレイがiPhoneに採用されるとかなりスタイリッシュなiPhoneに生まれ変わるのではないでしょうか。

 iPhone6のフレキシブルディスプレイはグラフィックの層の部分が薄くて強い素材が使われることが噂されており、実現すれば薄くて軽くて大きいiPhoneが誕生することになります。

 しかし、消費者にとってさらに期待できるのはフレキシブルディスプレイにしたことによってのコストパフォーマンス。かなり低価格で量産できるみたいなので、実売価格にどれだけ反映されるかが楽しみです。現在のiPhoneは機種代の分割も高いので、そこが下がってくれるとたくさんの人に浸透するかもしれません。

 iPhone6のコンセプト動画はどこから湧いてくるのかは知りませんが海外のメディアがこぞってYoutube動画に流しており、本当に実現しているかのようなレビューなので見応えがありますがその中でも特に驚いた「側面までディスプレイになっているiPhone6」の動画を貼り付けておきます。

これが実現すればかなりびっくりですね。Apple製品は見た目のインパクトと実用性を兼ね備えているので楽しみです。

 発売日の最新情報は次期iPhoneの発売が2014年5月、次期iPad(噂ではiPadproという名称)が10月の発売が予定されており、これまでの発売日の間隔とほぼ同じみたいですね。OSも次世代になりiOS8が搭載されるとのこと。CPUもA8が搭載されるのかどうかは今の所不明ですがAppleならやってくれるでしょう。iPadも大型化し、現行の9.7インチから12.9インチになるとの情報もあります。

 2014年に入るとiPhoneもdocomoでの販売が本格化し、国内シェアもAndroidとますます激しい競争を繰り広げる事が予想されます。今後のiPhone6情報を注視したいと思います。

今日のまとめ

 2013年に噂された「iPhone6情報」をまとめてみた

関連記事

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m