話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

金融機関の一元管理「Moneytree」アプリが神対応…脆弱性?何それ。

it

この記事の所要時間約 5 分


 ついこの間、iOS7.11にアップデートされた時、その内容や失敗談をブログに掲載したばかりだ。しかし、私がSSL危ないだのスマホでの買い物を控えているだの言っている時に、世界で起こっている脆弱性をいち早く察知し、神対応している日本の企業があった。それが「Moneytree」だ。

Moneytreeとは?

 実は私も昨日使い始めたばかりなのだが、一言で言うと「超便利」なアプリということだW

 象さんのマークの可愛らしいアプリなのだが機能が実に素晴らしい…と抽象的なことばかり言っても仕方ないが、簡単に言うと複数の金融機関を一括管理し、家計簿のごとく、シンプルな表で総資産、入金、支出などを知らせてくれるアプリだ。

 例えば、今個人でもクレジットカード、銀行の口座、電子マネーなどを複数管理している時代になっている。

 個別のアプリからログインしたり、クラウドでなんとか一元管理しようとするが、その都度のログインが面倒くさく、結局おおまかな管理に終始している人が多いのではないだろうか…。このパスは何だったか?ログインIDは?と途方に暮れる時もある。

 それらをすべて1つのアプリで管理してくれるのが「Moneytree」だ

操作は至ってシンプル

 最初の登録はちと面倒くさい。複数のログインID、PASSワードを入力したり、金融機関が提供するPASSコードを入力したりしないといけないからだ。

 しかし煩わしさは、その後の爽快さに比べたら微々たるものだ。これを見て欲しい
jmoneytree00
 自分が登録した複数の銀行の口座の残高の合算に電子マネーを加えたものが総資産としてトップに。そしてクレジットカードの支出をタップしてみると?

jmoneytree00
 登録した複数のクレジットカードの引き落とされる総額が算出されており、現時点での総資産に反映されている。

 もちろん、各金融機関に支出や、入金がれば、右下にある通知機能で知らせてくれるという優れもので、この金融機関にお金を入れておかないと大変だという時には、入金すればいいというわけだ。
 
 自分がATMから引き出した記録もリアルに確認できるので支出の漏れはない。

 対応金融機関は1300社を越え、さらに快適な機能がついたiPad版もiPhone版1周年記念でリリースされた。

SSL脆弱性にも素早く対応している所に好感が持てる

 今iOSのSSLが問題視されているが、moneytreeの対応の早さには驚かされた。

 公式Twitterの告知をみるとそれが分かる。例えばSSLの脆弱性が日本でマイナーなニュースの時に素早く対応した次のツイートがある
 

 これは4月8日に一時停止告知がなされた時だ。大変な問題が発覚したら対応を強化するまで一時停止する…アプリ管理者としてなかなか行動できない対応ではないだろうか。
 Yahooに取り上げられた時点では

 「先週ご案内した通りMoneytreeは対応済み」と言い切ってる。神対応と呼ばずして何というのか…。
ここからDLできます

こちらが公式サイトです(公式)

今日のまとめ

 「Moneytree」1周年にiPad版登場!…でもセキュリティ大丈夫なの?
 アプリの良さを多くの人に伝えたいと思い作成してみた。いかがだろうか。

 気に入ったらSNS拡散お願いします。
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m