話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

記事を作成するなら

it

この記事の所要時間約 5 分

記事を作成する仕事はネットに山ほどある。その中から私がやってきたものを3つ紹介しようと思う。

クラウド

 星1つ

 げん玉でお馴染みのリアルワールド社の記事作成サイト。最低限の制約(記事中にキーワードを何回含めるかなど)さえクリアすれば、どんな記事でも審査を通る。とにかく数を書きまくってポイントを稼ぎまくればいいのでかなり気楽です。記事作成の入門としてはおすすめ。私も別サイトでクラウドを紹介したことがるがまあ、単価が安いこと×2。TOTALボーナスポイント500円と合わせて3,300円ほど…。

 考えてください257も記事を書いて3,300円ですよ!…でもね、その時はやってしまうんですよ。何せ「ポイントサイトの友達紹介で稼ぐことがネットで稼ぐことなんだ」とマインドコントロールされてましたから。今クラウドを見ても魅力はわきませんが当時は友達紹介ポイントで一喜一憂していました。

 でも、記事作成そのものの敷居は低く、初心者にはもってこいのサイトかもしれません。

nanapiワークス

 星2つ

 私が出会った2番目の記事作成サイトです。もちろん参加もしていました。クラウドと同じように記事作成サイトでは中堅クラスではないかと。結構昔からやってます。…がしかし、クラウドとはすべてが逆です。というのはまず1記事の単価が高い。平均300円、クラウドポイントでいうと3000。3記事書けば時給900円です。「おいおい、在宅ワークとしては単価高いんでないの?」と思うかもしれません。でも言ったでしょ、逆って。めちゃくちゃ敷居が高いんです。

 クラウドは「単価は低いがとにかく文字を集めてくれれば、誤字脱字がなけれないいよ」に対してnanapiはnanapi記法と呼ばれる縛り、テーマもnanapiに則り、書き方、レイアウトもnanapi通りに…。そら、単価が高いはずだわと思いますよ。何せnanapiに就職しているかのような扱いを受けるわけですから…。しかも1記事完成させるのに時間がかかり、何度も編集者とメールのやり取りをしなければならない。来たら来たで編集者の意図を汲んで作成しないといけない…。私はついていけませんでした(2500円程は稼ぎましたが…)

 でも、ひとたびnanapi信者(nanapiに慣れ、nanapiを愛すること)になれば、単価は高いので在宅ワークとしてはいい線じゃないですかね。

NAVERまとめ

 星3つ

 なんだよ、出来レースかよ!と思わないで最後まで読んでください。NAVERまとめはうまいことしたなと思いますよ。1記事作成も注目まとめに掲載されれば、1000円以上になる可能性は秘めていますし、クラウドのように記事数は多くは出来ませんがハマるとでかい。しかも、NAVERまとめ信者にならずとも、少しのコツでラクラク稼げる。

 また別サイトですが私のNAVERまとめの8月の成果は、記事数138、注目まとめ掲載率55%、325,548ポイント65,109円でした。さらに言うと1記事平均30分、69時間、時給944円。まあ、この結果をどう見るかは別として、クラウドやnanapi信者ではなかなか稼げない額なのではと自負しています。

今日のまとめ

 

 結局今の自分はクラウドを経て、nanapiを経てあるので、結構記事作成に対するスキルが上がった時点でNAVERまとめの作成者になったのが大きいかなと。いきなりNAVERまとめに出会って「さあ、始めてください」と言われれば65,000稼げていたかどうか自身がありません。でも結局遠回りしているんですね。

 そんな私がNAVERまとめで稼いでもらうためのメルマガを始めました。単に注目まとめや奨励者を目指すだけでなく、NAVERまとめの可能性をかなり模索し生まれたメルマガなので、興味のある方はどうぞ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m