話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

世界フィギュアで浅田真央の完璧なフリー8トリプルでギネスに記録、みんなの心に記憶を…。

この記事の所要時間約 4 分


 「この笑顔がみたかった…」浅田真央がSPで完璧な演技を披露した。渡辺喜美の泥臭いまとめを作成した後だったので、余計に嬉しくなる。おっさいさんやゆうゆうさんもさぞ、喜んでいることだろう…。こうなったらフリーも完璧な演技で、みんなの記憶に残る素晴らしい演技を披露してもらいたい。

SPの世界歴代最高得点を更新する78.66点

 スポーツ界で「記録にも記憶にも残る」選手はそう多くない。だが、このままでは浅田真央は前人未到の地へ足を踏み入れる事になりそうだ。

 まず、78.66という点数はキム・ヨナがバンクーバー五輪で出した点数を0.16上回る。つまり、現時点で浅田真央はまず記録に名前が残ったと堂々と言える。

 意外なことに世界フィギュアで浅田真央は8度も出場しているにもかかわらず首位に立ったのは今回が初めてという。世界フィギュアでは過去2度優勝しているがいずれもフリーでの逆転がもたらしたものだった。

 だからこそ、明日のフリーは期待してやまない…。そう、ソチ五輪で認められなかった8トリプルでの完全優勝を…。

8トリプルでギネス記録なるか

 実は浅田真央は2010のバンクーバー五輪でトリプルアクセルを1試合で3度決め、ギネスに認定されている。

 しかし、1つのギネス記録で言うと02年ジュニアGPファイナルで女子史上初の4回転ジャンプを成功させた安藤美姫、89年世界選手権で女子史上初の3回転半ジャンプを成功させた伊藤みどりがいる。

 もし、明日のフリーで8トリプルが認められれば、女子フィギュア初の1選手が2つのギネス記録を持つことになるという。ジャンプでは葛西選手が7大会連続五輪で「ギネス記録」認可されたばかりだ。次は浅田真央の番だ。

 だからこそ、明日に繋がるようなまとめを作成したいと思った。羽生結弦、町田樹のフリーが終わったと仮定してつけたタイトルは『そして明日はみんな「浅田真央の完璧なフリー」を見届ける』にした。

 (実はギネス記録についていろいろ調べたのだが、8トリプルを初めて構成した、オリンピックで2大会連続3Aを成功させたなどすでに浅田は複数のギネス記録を持っているのではないかと推測したが、確実な情報はなかった…。コメント欄にバシバシ情報をくださればありがたい…。)

今日のまとめ

 そして明日はみんな「浅田真央の完璧なフリー」を見届ける

 …折角なので過去の浅田真央関連のまとめ

 それでもみんな浅田真央の最後を見届けたい…圧巻のフリーで涙
 「みんな笑顔でのびのび滑ってる」…エキシビションっていいね

 最後に全部繋げてやろうと思っている。もちろん、フリーが終わった後も新しい記事を作成するか更新するかどちらかをする予定だ。これらのまとめがみんなの「心にフック」をかける助けになればいいなと願う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m