話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

油井亀美也 結婚後の生活に家族愛を感じずにはいられない

hosizora1

この記事の所要時間約 6 分

油井亀美也のソユーズの打ち上げが成功しましたね。

日本人の宇宙飛行士は10人目、宇宙ステーションに長期滞在した日本人は5人目だそうです。

日本人の世界での活躍は嬉しい限りですね。

ここに見出し文章

八ケ岳の麓、長野県川上村の豊かな自然の中で生まれ育った油井さん。

小学校の卒業文集にいつか「火星に行く」と書いたそうです。

中学校の文集ではすでに「僕の夢は学者になること」と宣言。

「教わるのではなく誰も知らなかったことを発見したい。研究に明け暮れて死んでいくなら幸せだ」

と熱い思いを記していたそうです。

やはり志の高さは幼い時からあったみたいですね。

中学の時お父さんに

「高校受験に失敗したら農家を継ぐから、観測所を造ってほしい」というほど、天体観測が好きだった油井亀美也さん。

佐久市内に下宿していた高校時代は、軟式テニスや応援団をしていたそうですが、夏休みは家の手伝いが優先だったそうです。

油井さんはその時のことを振り返り「手伝いはチームワークを学ぶ訓練になった」と話していたということです。

結婚後一途に宇宙飛行士の道へ

家庭の事情などで防衛大学校に進学した後は一時、宇宙飛行士や天文学者になる夢が断たれたと考え、ふさぎ込んだ時期があったそうです。

しかし、宇宙飛行士になる夢を諦めずに航空自衛隊に入隊し、厳しい戦闘機の操縦訓練を経て日本人初のパイロット出身の宇宙飛行士になられるまでに。

本当にすごい努力ですね。

こんなツイートも残しておられます。

ご結婚されて子供も出来てから、訓練が忙しかったみたいですね。

今日の車の中での会話
私「最近、我が家の子供達も成長したな!あまり叱るところが無い^_^」
妻「おとーさんっ!お父さんは、あまり家に居ないからですっ!」
私「(そーなの…子供達を見る)」
子供達「…(ニヤニヤ)」
きっと私を安心させるために、私の前では良い子なのでしょう…

家族の為に、ここまで色々な事が出来たのは、結婚して以来初めてかも…それ程、これまでは家族の事は放ったらかしにしてきました。打上げの予定が遅れた事によって、家族との時間を取れたのは、きっと「家族が頑張っているからこそ、宇宙へ安心して行ける事を忘れるなよ!」という事かもしれませんね。

今回の任務前の数ヶ月間にこんなツイートを残しておられます。

さらに、出発が近づくにつれて油井亀美也さんのツイートは続きます。

ここ数日間、家族が私を必要としている時に、家族と一緒にいる事が出来て本当に良かったです。 今後は、家族との時間の大切さを実感した上で、また打上げに向けて気持ちを高める必要があります。その為の環境は全て整っています。サポートして下さる方々への感謝を忘れずに頑張ります

家族との1時間の面会も終わり、5時間の仮眠に入ります。次に起きたら、分刻みのスケジュールで、打上げ迄!打上げ後も、多くのタスクが待っているので、とても忙しい1日になります。皆さん、応援を宜しくお願い致します!

これらはすべてTwitterからの引用ですが、ここに家族想いの一面と家庭を大事にしておられる姿をみることができ、ほっこりします。

今回の任務

宇宙ステーションに長期滞在する油井さんの帰還は12月22日の予定ということなので5ヶ月間宇宙ステーションで任務を遂行するということになります。

滞在中の8月には、地上の若田さんと交信しながらロボットアームを操作し、無人補給機「こうのとり」5号機をドッキングさせるというビッグプロジェクトも用意されているかと思えば、9月には英ソプラノ歌手、サラ・ブライトマンさん(54)との同時滞在も予定されているそうです。

由井さんはカラオケで練習したことも明かしておられ

「(宇宙で一緒に歌うかは)全然分からない。披露できる歌声はありません」

と笑顔で答えられたそうです。

最後に由井さんはTwitterにこんな熱い思いを投げかけておられました。

どんなご意見でも、(Twitterに)どしどしお寄せ下さい!それによって、私は日本の宇宙開発の現実の一部を知る事が出来ます。そして、私は夢の実現の為に何をすべきかを考え、実行する事が出来ます。私を温かい言葉で応援してくださる方も、厳しく叱咤してくださる方も、私自身或いは人類の未来の為に必要なのです!

宇宙ステーションでTwitterできるかどうかは分かりませんが、興味のある方は何か質問するのもいいかもしれませんね。

何より任務の完遂と無事の帰還を祈ります。

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m