話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

武豊はやはり天才だった

sports

この記事の所要時間約 2 分


G1100勝は凄い

 競技をしていたら、新記録を作ってしまえる日本人は2人いる。イチローと武豊だ。2人とも前人未到過ぎるがゆえに、他の現役選手がどうもがいても追いつけない圧倒的な成績を残している。3500勝と4000本安打。素晴らしい偉業だ。


 G1100勝ってどれほどの価値があるのだろうか。武豊は「騎手に一番必要なものは運、その次に技術」と言っている。調子のいい馬、ライバルたちの失速など、どこに運という要素があるのだろうか。一方イチローは運という言葉を使わない。技術的なことよりも感覚を大事にしている。両者ともあるものといえば、常人レベルを超えた「感覚器官」にあるのではないだろうか。武豊はその感覚を運という言葉に変え、イチローは感覚と言い切る。

武豊に敬意を評して

 今回のまとめは気合を入れた。Ḡ1100勝の偉業もさることながら、順風満帆ではなかったこと、強さの秘密はどこにあるのかに触れている。このまとめで少しでも武豊の偉大さが伝わればいいなと思っている。

今日のまとめ

 前人未到の大記録!武豊「G1通算100勝」が凄すぎる
  全然次元が違うが、キタキタ親父のまとめ数は3444。今の所の最多記事だ。前人未到の3500記事まであと56。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m