話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

女子力第一人者「セルマ・ラーゲルレーヴ」ByGoogleロゴをまとめ終えて…

kaigaineta

この記事の所要時間約 3 分

 zatugaku

 即金ビジネス大戦2014年を観終わった後寝ようと思っていたらGoogleロゴが変わっていたのに気づいた。私のGoogleロゴ専用アカウントが泣いていたので今日のgoogleロゴ「セルマ・ラーゲルレーヴ」について調べていたらこんな時間になってしまった。
 

セルマ・ラーゲルレーヴを調べて分かったこと

 即金ビジネス大戦2014年を観終わった後に見たからかどうかは分からないが、久しぶりにニルスのふしぎな旅の最終回を見て心が洗われた気がした。そして不覚にもうるっときてしまった。なぜかというと、「セルマ・ラーゲルレーヴ」とニルスのふしぎな旅が自分の中で結びついていなかったため、ハンカチの用意ができていなかったのだ。

 ニルスのふしぎな旅が日本でも名作アニメの部類に入るのは言うまでもないが、元々スウェーデンでは政府が、子供たちに母国の地理を教える教材として彼女に依頼したという経緯があるそうだ。つまり、「楽しみながら、地理を学ぶ」というわけだ。ニルスがガチョウのモルデンに乗って浮遊するシーンは有名なのだがスウェーデンの子供たちにとって大切だったのは、物語そのものではなくニルスが見下ろしていた風景のほうだったということだ。鳥瞰図ならぬ「ガ鳥瞰図」といったところだろうか…。

 彼女は女性で初めてノーベル文学賞を受賞した人らしいのだが、もう一つ女性人権活動家としての一面もあったらしい。20世紀の初頭といえば、男女平等のへったくれもなく、むしろ男尊女卑が当たり前の時代、女性が表に出るのがかなり不利な時代にバリバリ革命を起こしたらしい。

 それを証拠に現在スウェーデンでは最も男女平等が進んでいる国としての役割モデル的な位置にあり、男女平等のセミナーや会議ではしばしばスウェーデンの例が出されるという。イクメンだったヘルマン・ロールシャッハと結婚すればよかったのにとさえ思う。まあもっとも彼はスイスで時代も少しずれているが…。

 「女子力の第一人者」という形容は合っているかどうかは分からないが、外見とかではなく彼女自身の生き方に「真の女子力」を見た気がする(決して彼女の外見が悪いと言っているわけではないが…。)

今日のまとめ

 女子力第一人者「セルマ・ラーゲルレーヴ」ByGoogleロゴ
 皆さん、動画を見る際はハンカチのご用意を…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m