話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

パズドラの勢いが凄い!3DS、アーケード版、全世界制覇も射程圏内

172

この記事の所要時間約 3 分

 172

 国内で2100万DLを超えたパズドラの勢いが止まらない。3DS「パズドラZ」は12月12日に発売され、来春にはアーケード版パズドラも稼働する予定。もうこうなってくるとライバルがいない「無敵」状態に。でも、意外に知られていないのが、着々と海外展開を進めている点。

投資家が注目するパズドラ

 投資家が注目するのは国内の「お祭り騒ぎ」ではない、最近ガンホー株が急伸しているのはパズドラが着々と世界展開を見せているからだ。

 今年7月に韓国で配信され、10月には北米において200万ダウンロードを突破した。そして、10月16日からは英国でのサービスも開始し、欧州市場を射程圏内に捉えているのだ。そして、12月4日、パズドラは欧州6カ国に向けて英語版iOS配信を開始したと発表した。欧州6カ国とはフランス、イタリア、ドイツ、スペイン、オランダ、フィンランド。この海外展開が好感されて株価は急伸しているという。

注目はフィンランド

 フィンランドは欧州でもスマホブランド力が非常に高い国として有名で、累計DL数が12億以上と言われている「Angry Birds」(アングリーバード)のRovio社、10月にソフトバンクが買収したRovioに並ぶスマホアプリの大手「supercell」社(スーパーセル)。いずれもフィンランドの会社だ。

 しかも、注目すべきことにパズドラはこれまでRovioともsupercellともコラボ展開している。つまり、フィンランドを起点として欧州版「パズドラ」が広がることはまず間違いない。

 アジア、北米、欧州と来れば1億DLも視野に入ってくる。パズドラのキャラは日本のドラクエを意識して作られたという。すでにYoutubeなどの人気動画として定着しているドラクエのプレイ動画。パズドラが「日本人向けのアプリ」という肩書はもはや古いのかもしれない…。因みに私は現在ランク212、去年5月から始め、そこそこ強い。

今日のまとめ

 「3DSに英語、アーケード版も…」止まらないパズドラの勢い↑↑
 あえて、大衆向けのニュース系まとめとして取り上げてみた。パズドラファンなら知っていることばかりかも…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m