話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

チャスラフスカさん死去(画像あり)息子の素行のことで悩んでいた過去も

hosizora1

この記事の所要時間約 4 分

東京五輪の「名花」チャスラフスカさんが亡くなられました。

息子の素行のことで悩んでいた過去もありました。

スポンサーリンク

元女子体操選手チャスラフスカさん死去

1964年の東京五輪で3個の金メダルに輝き、「名花」と呼ばれた旧チェコスロバキアの女子体操選手ベラ・チャスラフスカさんが死去した。

74歳。ロイター通信などが伝えた。

チェコ通信によると膵臓がんを患っており、30日に亡くなった。

東京五輪当時、チャスラフスカさんは22歳。

女子個人総合など3種目で金メダルを獲得、「東京五輪の名花」と称えられた。

優美に流れるような体操演技は往年のファンの目に焼き付いている。

チャスラフスカさん略歴

60年ローマ五輪団体総合で銀メダル

東京五輪では個人総合、平均台、跳馬で金メダル。

68年夏の「プラハの春」で民主化アピール「二千語宣言」に署名した

メキシコ五輪では個人総合連覇を果たし、跳馬と段違い平行棒、ゆかでも優勝。

89年のビロード革命後はハベル元大統領の顧問、チェコ五輪委員会会長などを歴任した。

大の親日家としても知られ、チェコ日本友好協会名誉会長としても活動している。

日本とチェコの友好促進に貢献したとして、2010年に旭日中綬章を授与された。

東日本大震災の時はチェコのチャリティーコンサートに避難所生活を続けていた福島県の子供たちを招待

息子はマルチン・オドロジル

彼女は息子の素行のことで悩んでいたという。

1993年8月、息子がチャスラフスカと離婚した元夫(マルチンからすれば実父)とケンカをし、その際の暴力で息子が実父を死に至らしめてしまうという事件が起きた

その後、チャスラフスカは鬱状態に入り、チェコの病院で暮らすこととなった。

チャスラフスカや息子のことは以下の書籍に記されている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m