話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

ダークニャンメダルが配布終了でも品切れでもない理由

darknyan

この記事の所要時間約 5 分

ダークニャンメダルが配布終了、品切れと報道されているみたいですね。

結論から言えば「あれは嘘」かなと思います。

その理由は昨日(12月28日)に子供たちと映画妖怪ウォッチを観に行った時に普通にゲットできたからです。

スポンサーリンク

結局くまモンは何だったのか

今回のNAVERまとめは

映画妖怪ウォッチ、最後まで気になった「くまモン」の謎

にしました。

これ観に行った人には分かってもらえるあるあるネタだと思うのですが。

皆さんもそう思いませんでした?

…活躍するわけではなく、でも気になる感じで最後までいたのが「くまモン」だったんですね…。

うちの子はくまモンシーンで一番ゲラゲラポーでしたから…。

これ絶対気になっている人いるだろうなと思ってTwitterのTL見てたらいましたよ、同士がW

…私の結論はまとめを見てもらえば分かりますが確実に言えるのは

「くまモンに深い意味はない」

ということですね。

ダークニャンメダル普通にもらえた話

私はダークニャンメダルが品切れとか販売終了とかそういう予備知識がなかったんです。

だから、普通に

darknyan

ゲットしてきたんです。

ただ映画を観てもゲットできなかった人がたくさんいると後から知ったので

今自分にできることは『体験記を書く』ことが一番なのかなと思いこの記事を書いています。

といっても私がやっているのはごく普通で

京都のイオンシネマ(日曜日14:45~)のチケットをネット予約して

現地で予約番号入力して発券して中に入ったら妖怪メダルを持っているお姉さんがいて

『チケットを見せて下さい』

と言われたので子供たちが見せたら2個もらえた。

…ただそれだけです。

お姉さんの隣には段ボール箱が積んでありその時は前売り券のフユニャン騒動を知っていたので

「運営さんも学習したな、在庫たくさんあるんだな」と思っていただけでした。

映画ドラえもんを観に行っても映画に因んだグッズがもらえるので、前売り券にフユニャン、現地でダークニャンとはなかなか粋な事するな。

確かに映画を観終わった後一番欲しくなるのはダークニャンメダルだもんな。

などと軽い感じで思っていました。

そしてNaverでくまモンのことが個人的に気になったのでまとめたら面白いかなと思って作成した時

いろんなニュース記事をみてびっくり。

京都のイオンシネマにあれほどあったダークニャンメダルが品切れ、販売終了だとは…。

さらに

Amazonの妖怪ウォッチダークニャンの値段

をみてびっくり!

こんな高値で取引されていたとは(゚д゚)!

驚きすぎて逆に怖くなったという話です。

後で考えてみれば…。

まず、14:45という一番中途半端な時間にネットで事前予約して行ったのは正解だったかなと思います。

混雑しているというのはこのサイトでも書いてインプットしてましたから…。
(Twitterの活用はこういう時にいいですよ)

実際イオンシネマも観終わった後、入口には長蛇の列ができていましたからね…。

もしかしたら、時間帯がひとつずれていればダークニャンメダルをゲットできなかったのかもしれません。

あと言いにくい話なんですが、うちは子供二人ですが私の分もダークニャンメダルがあるんです。

それはかなりド天然なエピソードです。

私が『中学生以下の子供に限ってもらえる』という条件を知らなくて

チケットを持っている人全員にくれるもんだと思っていたのでお姉さんに

「チケット持っているんですがまだもらってないんですけど!」

って強めに言ったんです。
(なんで強めになったのかは自分でも謎です)

お姉さんはポカンとしてましたが、私の天然の迫力に押されたのかひとつくれたんですよ。

お姉さんからしたら、強引にメダルを狙う確信犯にうつったのかなと思います。

こっちはレアメダルであることなどつゆ知らず、ドラえもんのおまけ感覚だったんですけどね。

天然って怖いですね(自分で言うのもなんですが)

…にしても、妖怪メダルの人気は異常ですね。

NAVERでまとめて知識が入った後ぞっとしました…。

ただ、配布終了、品切れは嘘かなと思います。

時間帯とか曜日、映画館の場所を工夫すればあるところにはあると思いますよ(・∀・)

妖怪ウォッチ情報まとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m