話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

シーサーブログ(無料ブログ)からWordPressへの引っ越しは簡単ではなかった

wordpress

この記事の所要時間約 9 分


 NAVERまとめやこのサイトの記事が滞っている理由は、タイトルの通りシーサーブログからWordPressへ引っ越ししていたからだ。誰でも無料ブログで軌道に乗っていたものを独自サーバーで管理したいと思うはずだ。ある人は重複コンテンツにならないために一から出直す人もいるかもしれない。がしかし、何でも経験が大事ということで私が半年ほど運営してきたシーサーブログのサイトの引っ越しを始めた。

そう簡単ではなかったシーサーブログの引っ越し

 まず、半年運営で無料ブログとはいえ、検索でも上位に表示されだした(Google先生に認めてもらいだした)サイトを見放すということは余程の覚悟がいる。

 独自ドメインを取得してWordPressの新サイトを立ち上げるのは、長期的な視野ではメリットが多いのだがデメリットもある。

メリット
 1,サーバーが安定しているので更新が楽(シーサーブログは更新に時間が掛かる場合あり)
 2,SEOに強いサイト構築(プラグイン含め)ができる。
 3,検索エンジンから独自サイトと認めてもらえば(長期的に検索からの)アクセスアップが見込める(=Adsense収入アップ)
 4,無料ブログ運営者の言いなりに(突然の削除、ブログ運営の停止などが起こる可能性)

デメリット
 1,無料ブログ内の常連客が離れていく(アメブロなんかは痛いかも)
 2,ページランクが下がる(中古ドメインでカバーするという手はある)
 3,引っ越しが手間

 私の場合は長期的にこのサイトは今後もアクセスが見込めるな、だったら今のうちに新ドメインで運用しようと思ったからだ。ただデメリット3の引っ越しが手間という事を今回思い知らされた…。

引っ越し手順(シーサーブログのエクスポート機能を使う前)

 すでに独自サーバー運営をしている(WordPressをインストールしている)と仮定して話を進めていく。

 よくこういう事を紹介するのに画像入りで◯◯レンタルサーバーの場合という仮定で話が進められると思うのだが、私はそれを嫌う。初心者にはそういう手順よりも考え方を理解して自分で理解しながら進めるのが最善だと考えるからだ。

 ここを押して、ここをクリックして…というのは一見良いように見えるが、実は親切ではない(…と前にも言ったか)

 引っ越しをするにあたって

Seesaaブログから WordPress へお引越し”ほぼ”完全解説

 という記事は大いに役に立ったので、基本的にはこの記事を見ながら進めていくと良い(右タブにでも出しながら)

 私が最初につまづいたのはWordPressの同一アカウントで独自ドメインサイトを構築する場合、マルチサイト機能があるのだがその時にサブドメイン形式を選択しなかったために、やり直しが効かなかったことだ。

 恐らくデーターベースのどこかを削除するともう一度やり直せる(サブドメインを選択できる)と思うのだが、素人がデーターベースをいじるのは恐れ多いのでやめることにした。

 ということで、別アカウントでWordPressを管理することにした。手順は以下のとおり

1,レンタルサーバーが独自に持っている無料ドメインを設定する
 
 もちろん、中古ドメインでもお名前.comなどの有料ドメインでも構わない。その際恐らくデーターベースが複数選択できると思うので、既に使っているサイトとは別のデーターベースに入れることを強く勧めたい(←コレ重要)

2,WordPressインストール前にFFFTPツールなどを使って(サーバにも編集機能はある)適当な階層に新しくフォルダを作る(サイト名が分かりやすいかも)
 
 レンタルサーバーでは最初の階層は「web」などから始めるようになっている。なのでフォルダを作成するとすればweb/◯◯の階層だろうか。私はその階層に作成した(以前から使用しているWordPressの第一階層と同じになる)

3,WordPressをインストール(「簡単インストール」などレンタルサーバーの指示に従えばOK。絶対ある!)する。
 
 くどいようだがデーターベースは別、インストール先は2で作ったフォルダへ入れる。

4,WordPress初期設定画面で別のアカウントを作成する
 
 WordPress乗っ取りがあるみたいなので、英数字を混ぜた独自の名前(間違っても自分の名前はしないほうがいい)と複雑なパス設定をしたほうがいい…らしい。作成したら別々のアドレスのログイン画面が出来上がる(既に持っているサイト名/wp-login と 新サイト名/wp-login)ので両方をお気に入り登録しておくと便利。

5,テーマは既存のサイト(=実績のあるサイト)からFFFTPを使ってコピペ。プラグインは新サイトにログインして個別に設定(多分コピペするといろいろ問題がありそう)

 とここまで用意して初めて「カモン!シーサーブログ…いつでも相手してやるぜ」

 となる。(しかし、実際ここまで来るのに丸2日を費やした)

引っ越し手順2(シーサーブログのエクスポート機能後)

1,シーサーブログ>設定>その他からエクスポートを選び、テキストファイルを抽出。

2,抽出したファイルをWord文書などの置き換え機能を使い修正

 冒頭に紹介した記事の中にはSearch Regexというプラグインを使えば構文を置き換える事ができるので、インポート後でも改変可能としているが、経験してみるとインポート前(WordPressに導入する前)にWord文書などの置き換え機能を使って作業したほうが良いのではと思う。
理由はプラグインは英語表記なので、ここは置き換えるがここは置き換えないという融通が効かないからだ。Search Regexでもできるとは思うのだが、断然Word文書の置き換え機能のほうが使いやすい。

置き換える箇所
 1,画像のパス(参考記事の通り)
 2,見出し(私の場合旧サイトでは<strong><span style=”font-size: large;”>見出し</span></strong>という記述だったので<h3>見出し</h3>に置き換えた。それも単に大きい太字と見出しの太字があったため、選択的に置き換えた)
 3,ブログ形式から<!–more–>入り形式にする。(これも選択的な置き換え)

 他もろもろあるがポイントは「インポート前の時点で置き換えておける部分はすべて置き換えておく」ということ。Search Regexは個人的には使いにくかった。

3,記事をWordPressへインポート(参考記事の通り)

4,一つ一つの記事の見直し
 
 絶対に完コピは不可能。シーサーブログ記事は過去記事として葬り去りたいという気持ちがあればここで作業は終了だが、構文エラーや画像のアップロード抜けは必ずあるので少なくとも1回はサイト表示させてチェックしたほうが良い。

 …とここまでで更に2日。計4日の長旅だった…。疲れた。

今日のまとめ

 結局、周りくどい事になったがかなり良い経験になった。今までいかに「知ったか」人間だったかがよくわかった。この経験は今なお無料ブログどまりなサイトを引き上げるのに役に立ちそうだ。というのも、リスク分散で言えば、個別のデーターベースにWordPressを導入出来たことや、使っていないデーターベースがあと一つある事も分かった。

 今後は検索に重複コンテンツとみなされるのか否かに焦点は移るのだが、これには諸説あり、明確な答えはGoogle先生の回答を待つしかない(ペナルティになるかどうか)

 旧サイトについては301リダイレクトはシーサー側で設定できないのでmeta記述になるのだろうが、ひとつひとつの記事を見直したおかげで、コピペサイトとは言わせない出来になったので、とりあえずはシーサーブログもそのまま活かし、引っ越しました告知でしばらく様子をみようと思っている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m