話題のニュースや最新トレンドを独自の視点で提供しています

なぜ薬剤師は問診してくるのか?

zatugaku

この記事の所要時間約 4 分


 「なぜ薬剤師に問診されなくてはいけないのだろう?」そう疑問に感じている人は多い。待たされる病院で疲れ果て、しかも看護師や医師が問診したのと同じような内容をまた聞かれる…。「薬剤師よ、お前もか」そういう気持ちになるのも無理はない。そんな薬剤師の現状とこれからについてまとめてみた。

医薬分業とは?

 患者の診察、薬剤の処方を医師が行い、処方箋に基づいて、薬剤の調剤および投与を薬剤師が行うという形で役割を分担することだ。役割分担が明確になることで、院内で処方を待つ必要はなく、最寄りの薬局で処方箋を出せば薬をもらえる。

 薬剤師がもし医師の処方箋に誤りがあることを見抜けず、副作用発作などの医療事故に繋がれば薬剤師も責任を問われるという。なので、副作用やアレルギーの既往歴、飲んでいる他の薬の情報などを問診によって聞き出す。カルテをみることができない分、薬剤師は初診患者として改めて問診せざるを得ないのが現状のようだ。

 ただあくまでもそれは薬剤師側からの言い分だ。患者からすると二度聞き、三度聞きされるのは不快であるし、事務的な薬剤師ならイライラが募る。

大切なのは人と人との繋がり

 私にも子供がいるが、何を重視して子育てをするか…。上位に来るのが「コミュニケーション能力の向上」だ。あいさつ、言葉遣い…。やはり当たり前のことは当たり前にできること+ハキハキしゃべれること。親が意識しているかどうかで随分変わる、子は親の背中を見て育つのだから…。

 薬剤師のコミュニケーション教育はどうか…。薬剤師というと上の画像にあるようなイメージで見る人が多い。積極的に患者と対話している姿よりも、狭い部屋で薬を調剤しているというイメージが根強い。

 だからこそ、問診というコミュニケーションに必要なのは専門的なことではなく、単純に笑顔で、あるいは丁寧に話すということだけである。当たり前のようだが、これを実践している薬剤師は多くない。

 問診している以上は最低限のコミュニケーション能力が欲しい。ある病院では院内でまず問診に初診患者の下へ来るのが薬剤師だそうだ。意外だったのだが、考えてみるとアレルギー、薬の既往歴など「初診患者のこれまで」という事を聞き出す場合、薬剤師ほど効率のいい人材はいないだろう。

 しかし、看護師ほど普段人を相手に仕事をしていないだけに、人を不快にさせるコミュニケーション能力に長けていくようだ。やはりどんな分野でもまずは人と人…。その本質を見抜けないなら、どんな知識人でも役に立たないだろう…。

今日のまとめ

 処方せん薬局の薬剤師が「問診」するのはなぜ?
 薬剤師もそうだが医療の現場は大変だなと感じた。以前救急の医療事務の仕事をしていた時に「こんなことを事務にさせるか」ということまでしていた。救急隊からの電話に最初に出るのが仕事の1つだったからだ。

 そんな医療現場の事情を知ってもらうことで役に立てばいいなと思ってまとめてみた…。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

follow us in feedly Google+ Twitter_logo_blue
管理人:ユク
 二児パパ。
「当ブログの運営にかかる費用はアフィリエイト収入で成り立っております。感謝いたします」m(_ _)m